『新建築』2013年7月号122頁から掲載されている「佐世保の実験住宅 ハウステンボス スマートハウス」統括 野城智也/設計 川添善行+原裕介+吉武舞+東京大学 生産技術研究所 川添研究室

長崎県佐世保市──未来の再生可能エネルギー供給の実装・検証を目的として,長崎県佐世保市のハウステンボス内に建設された住宅,実際に人が住み効果を検証していく.佐世保の造船技術を用いて製作された放射柱の中には,大村湾の海水を利用した海水ヒートポンプにより温度調節された冷温水が流れており,建物内部の空調をまかなっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami