『新建築』2013年8月号038頁から掲載されている「Seto」原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

瀬戸内地方──地域の主産業である造船業を営む会社の社宅.敷地が瀬戸内海に面した斜面地に位置しているため,住戸ボリュームの一部を12m程キャンチレバーで海へ向かって持ち出すことで,居住者はもちろん地域に対しても開かれた街のパブリックスペースとなる36,350×25,800mmの屋上広場をつくり出している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami