『新建築』2013年8月号050頁から掲載されている「せとの森住宅」藤本壮介建築設計事務所

瀬戸内地方──地元企業の社宅.2戸1棟,計13棟の家が斜面地に沿うように配置される.既存のひな壇地形や石垣を残しつつ,階段や小径を設え,棟の間には100本以上の木を植樹した.ステンレスの外壁が映り込みによって表情を変える.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami