ニュージーランド,クライストチャーチ──2011年2月22日に発生したカンタベリー地震によって倒壊したオーストラリア,クライストチャーチ市の大聖堂の仮設再建.現地工場でつくられた196本の紙管とLVL材を使用し,700人を収容できる大空間をつくり上げた.紙管の基礎としてコンテナを利用.コンテナの内部は居室として使われる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami