『新建築』2014年1月号182頁から掲載されている「東京工業大学 緑が丘6号館」設計 奥山信一研究室+竹内徹研究室+梓設計+総合設備コンサルタント/総括・監理 東京工業大学施設運営部

東京都目黒区──東京工業大学大岡山キャンパス・緑が丘エリアに建つ研究棟.化学系研究のための施設で,最先端の研究にも対応できるように高機能の設備が求められ,設備の更新や維持管理を容易にできるようにした.耐震壁と開口部が市松パターンで並ぶ壁と,絶縁幅を介して裏側に配置された柱・梁の二重構成で,大地震に対する機能確保と柱の少ない実験室を可能にした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami