『新建築』2014年2月号046頁から掲載されている「egota house B」アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

東京都中野区──賃貸集合住宅とオーナーの個人住宅の4棟からなる都市型集合住宅計画の第2期.直方体のボリュームや各住戸が外部に独立したアクセスを持つこと,半地下1層,地上3層という構成はA棟より踏襲しつつ,下階も交差メゾネットとすることで全方向に開口を持つ住戸を増やし,壁面から張り出したテラスを介した室内へのアプローチとするといった変更を加えた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami