イタリア共和国ロンバルディア州ミラノ──2015年5月1日から10月31日にわたり開催予定のミラノ国際博覧会.「地球に食料を,生命にエネルギーを」をテーマに140カ国が出展予定.日本館では北川原温氏を建築プロデューサーに迎え,伝統の軸組工法を応用した立体木格子による建築を提案.直交するグリッドを半分ずつずらした三次元グリッドを基準とする構成.また最新のシミュレーション・解析技術により導かれており構造体としても機能する.竣工作品掲載(本誌1507)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami