『新建築』2014年3月号166頁から掲載されている「気仙沼大谷のみんなの家」Yang Zhao 妹島和世(アドバイザー) 渡瀬正記(ローカルアーキテクト)

宮城県気仙沼市──東日本大震災時に発生した津波によって被災した,宮城県気仙沼市本吉町大谷に建設された集会所.漁業従事者やその家族の休憩所となる.3つの部屋によって支えられる大屋根の下に設けられた空間は,イベント会場,魚を販売する市場としても使用.ロレックス社のメンタープロジェクトの一環として,設計は中国の若手建築家チャオ・ヤン氏が担当.アドバイザーとして妹島和世氏が監修している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami