『新建築』2014年3月号174頁から掲載されている「まなウェルみやぎ」佐藤総合計画 阿部仁史アトリエ 関・空間設計共同企業体

宮城県名取市──仙台市内に分散していた総合教育センターや高等学校,児童相談所など5施設7機能を1カ所にまとめ,教育と福祉の連携を目指すPFI事業として計画された.各施設への個別の小さな入口を設けることで居住施設をイメージした分割をし,脱施設化を図っている.同時に,相互に連携できる管理オフィス,共有ロビーの配置により施設間の繋がりをつくり出す.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami