『新建築』2014年4月号146頁から掲載されている「鶴ヶ島・未来との対話プロジェクト2013 鶴ヶ島太陽光発電所環境教育施設「eコラボつるがしま」」工藤和美+藤村龍至/東洋大学ソーシャルデザインスタジオ+藤村龍至建築設計事務所

埼玉県鶴ヶ島市──2006年に閉鎖され,遊休地化していた工場跡地の活用として企画された太陽光発電所と,その敷地内に設けられた環境教育施設. 環境教育,地域活性化,防災拠点という公益性の高い施設であるため,行政と企業が連携するPPP(公民連携)方式で進められた.施設の運営は特定非営利法人「鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会」が担う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami