『新建築』2014年5月号040頁から掲載されている「上州富岡駅」武井誠+鍋島千恵/TNA

群馬県富岡市──上信電鉄の上州富岡駅は2014年の世界遺産登録を目指している富岡製糸場の最寄り駅として建て替えられた駅舎.今後増加すると予想される観光客と,地域住民の生活交通としての役割を見据え建て替えた.富岡製糸場の木骨煉瓦造を参考に,鉄骨の柱を支えるブレースを挟み込むように煉瓦を積層した.積層した煉瓦は人が周りに集まれるようにベンチや壁となる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami