『新建築』2014年5月号128頁から掲載されている「逗子市地域活動センター 小坪大谷戸会館」コンテンポラリーズ

神奈川県逗子市──老朽化が著しく,施設の整備が課題となっていた地域活動センター小坪大谷戸会館の建て替え計画.2011年に行われたプロポーザルにてコンテンポラリーズが設計者として選定された.諸室がレイヤー状に配置され,木製建具を開閉することによりフレキシブルに空間を利用することができる.集成梁(55mm×360mm)は,長さ約10.5mスパン910mmピッチで架け渡した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami