『新建築』2014年6月号062頁から掲載されている「順天堂医院B棟高層棟」日本設計(基本設計) 清水建設(実施設計)

東京都文京区──順天堂創立175周年を記念したキャンパス・ホスピタル再編事業の一環として,老朽化していた棟を建て替える.清水建設,早稲田大学と一部研究協力しながら.快適性や安全性,環境に配慮した「エコキャンパス・エコホスピタル」を目指す.運営しながらの施工となるため,工期を分割し既存病棟を活用しながら建て替える.今回高層棟であるⅠ期が完成し,低層棟であるⅡ期は2016年4月完成予定.地上21階,99.72mの高層棟には病棟機能,低層棟には手術室や集中治療室などの診療部門を配置.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami