『新建築』2014年7月号102頁から掲載されている「狭山の森礼拝堂」中村拓志/NAP建築設計事務所

埼玉県所沢市──狭山湖畔霊園の40周年を記念して,敷地内に建て替えられた礼拝堂.2本の木柱を互いに立て掛け合う扠首(さす)構造とし,木々に囲まれた敷地において,落ち葉を素早く落とし樹液の付着が気にならない外観をつくり出した.また,扠首構造による三角形の開口が,全方位的に展開している.屋根はアルミ鋳物板(流紋付き)乱葺き.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami