『新建築』2014年8月号042頁から掲載されている「柏の葉スマートシティ ゲートスクエア」事業主 三井不動産 東京大学(柏の葉キャンパス駅前サテライト)/マスタープラン 團紀彦建築設計事務所/設計 錢高組 石本建築事務所 東京大学キャンパス計画室(清家剛)・同施設部+上野武/上野藤井建築研究所(柏の葉キャンパス駅前サテライト)

千葉県柏市──千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅周辺の公民学が連携した街づくり.今回第1ステージとして,ゲートスクエア ホテル&レジデンス棟,KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)が入るショップ&オフィス棟,東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライトからなる,ゲートスクエアが完成した.敷地面積は12.7万㎡.2030年に向け,スマートシティエリアを約300万㎡の範囲まで広げていく計画.(本誌1301にプロジェクト掲載.)ゲートスクエアでは街全体のエネルギー運用や制御のためAEMS(エリアエネルギー管理システム)を導入し,創エネとして太陽光発電や非常用ガス発電も設置している.エネルギー利用のピークが異なるため,ゲートスクエアやららぽーと柏の葉間で相互に電力を融通することでピークカットを行う.また,震災などで電力会社からの供給が停止しても通常の約6割の電力を3日間継続して供給できる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami