『新建築』2014年8月号068頁から掲載されている「十津川村復興住宅」アルセッド建築研究所

奈良県吉野郡十津川村──2011年9月に起こった「紀伊半島大水害」で被災した人たちのための復興住宅.新たな場所に新たな集落として住宅群をつくるのではなく,既存のふたつの集落の民間の土地を村が買い上げ,そこに新たな復興住宅が13棟建てられている.同時に,地域の住まいづくりのワークショップや,住民ヒアリング等が行われ,村づくり戦略と併せた建築づくりが行われた.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami