『新建築』2014年8月号092頁から掲載されている「コーシャハイム千歳烏山住棟改善モデル事業」監修 青木茂+雨宮知彦/首都大学東京/設計 東京都住宅供給公社+軽石実一級建築士事務所+メジロスタジオ

東京都世田谷区──烏山住宅の建て替えに際して行われた,JKK東京が抱える住宅ストックの再生方法を模索するための住棟改善モデル事業.1950年代建設の4階建て階段質型住棟を,一般住宅8戸,サービス付き高齢者向け住宅15戸へとリファイニング.バリアフリー化,外部廊下やエントランスを新しく設置している,室内は設備壁と構造壁の設置による改修が施され,既存階段室の内部化や,複数住戸の1住戸化など,多様なプランが検討されている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami