『新建築』2014年8月号114頁から掲載されている「調布の家」設計 青木弘司建築設計事務所/協同設計 RGB STRUCTURE

東京都調布市──賃貸併用住宅の改修.一旦内部をスケルトンにして,構造的な補強と設備的なリニューアルを行っている.既存の家の時間を新たな時間として一元化するのではなく,今までの時間も,これからの時間もバラバラのまま並存させるため,既存なものと新たに加えられているものができるだけ切り分けられることがないように設計されている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami