『新建築』2014年9月号100頁から掲載されている「WKB」新関謙一郎/NIIZEKISTUDIO+多田脩二

東京都世田谷区──緑の遊歩道と車道とのコーナーに建つ鉄筋コンクリート造4階の建物.1階は事務所、2階から4階が住居となっている.鉄筋コンクリートのボックスを上下に嵌合させることによって空間をつくり,それらのずれによって生じた面を必要に応じて開口部とする明快な構成.通常は平面的に足下に広がる緑に対して,WKBでは立体的に広がる緑園にする.ボックスのずれを利用して雨と陽が落ちるように植栽を施したプランターを設け,それらを屋上まで繋げるように配した立体庭園ができ上がっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami