『新建築』2014年9月号126頁から掲載されている「キクカワグループ東京オフィス」室伏次郎/スタジオアルテック

東京都墨田区──建築金属製品金物メーカー菊川工業の情報発信の場となることを意図して建てられた建築である.敷地は町工場や住居が渾然一体となったエリアであり,隣接する建物が住宅であることなどを鑑み,1階はポケットパークとして開放し,建物の周囲は光と風を柔らかくコントロールするエキスパンドメタルで覆い,周辺環境とのほどよい距離感をつくり出している,3階は事務スペースとなっているため,ボックス状の空間をつくり適度に囲われた落ち着いた執務空間がつくられている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami