『新建築』2014年11月号176頁から掲載されている「HAYAMA STUDIO PROJECT」武松幸治+E.P.A環境変換装置建築研究所

佐賀県武雄市──パーライトの採石場跡地に新築された,陶芸家の葉山有樹氏の工房兼オフィス.クロス・ラミネイテッド・ティンバー(CLT)を屋根,一部鉛直支持材に使用している.都市計画区域外に建ち,敷地を2分割し計画規模を500㎡に納めた4号建築として今回可能となった.全長98mのスロープでアプローチする.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami