『新建築』2014年12月号109頁から掲載されている「中央線高架下プロジェクト コミュニティステーション東小金井/モビリティステーション東小金井」リライトデベロップメント

東京都東小金井市──中央線の連続立体交差事業により生まれた高架下空間の活用.高さ約6mの高架下にコンテナモジュールで構成された建築を配置し,商業施設および地域コミュニティの拠点としている.歩道との境に建てられた無垢のスチールフレームファサードがゆるやかな境界をつくり出す.建物の北側に設けられた路地空間は,歩道と店舗の中間領域的な活動の場となる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami