『新建築』2014年12月号160頁から掲載されている「昭和大学江東豊洲病院」佐藤総合計画

東京都江東区──東京湾の一部である江東区豊洲の東電堀に面した敷地に新設された病院.周辺は近年の開発に伴い若年層の人口増加が見込まれる地域のため,小児・周産期医療の整備や,災害時の拠点となることが求められた.クールピットやエコボイドを採用し,環境に配慮した病院となっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami