『新建築』2015年2月号116頁から掲載されている「QUAD」カスヤアーキテクツオフィス

東京都目黒区──東京都目黒区に建つ,1階にオーナー住戸,2~4階に9戸の賃貸住戸を配置した鉄筋コンクリート壁式構造の集合住宅.2,3階のバルコニー周囲にはガラス繊維のスクリーンを約50%の開口率で設置.スクリーンの大きさは3種類,スクリーンは住戸内のプライバシー確保,日射による熱負荷の軽減,室内奥まで拡散光を届けるなどの役割を果たす.1階はセランガンバツ材の板塀に囲まれ,最上階は周囲に大きく開かれたペントハウスとした.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami