『新建築』2015年2月号150頁から掲載されている「SHARED HOUSE 八十八夜」2.0不動産

宮城県石巻市──石巻市の中心市街地の商店街に建つお茶屋の使われていなかった2階部分をシェアハウスに改修し,東日本大震災後に移住してきた若者へと繋ぐプロジェクト.地元の若い商店主やNPO職員をはじめさまざまな専門家らでなるISHINOMAKI2.0から派生した2.0不動産が施工から住み手のマッチングまでを行う.欄間や出節丸太の柱など,80年前からの歴史を継ぐ既存の意匠を読み取り,残すところと改修するところを見極めながら施工を進めた.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami