『新建築』2015年3月号190頁から掲載されている「東京国立近代美術館所蔵品ギャラリーリニューアル」西澤徹夫建築事務所

東京都千代田区──2012年に開館60周年記念事業のひとつとして行われた,所蔵品ギャラリーのリニューアル.コレクション展示のコンセプト刷新と共に,空間も更新された.ひとつながりの展示室を全12室の部屋に区切り,部屋ごとの特集形式とするほか,床も表面を削って塗装し直している.そのほか休憩スペースの拡充,順路案内や作品解説などの視認性向上など,滞在時の快適さを増す工夫も行われている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami