『新建築』2015年4月号086頁から掲載されている「しぜんの国保育園(small village)」ナフ・アーキテクト&デザイン

東京都町田市──35年前に建てられた旧園舎の老朽化に伴い,敷地の南側斜面地の15~25年程度の伐期に達した成熟林を伐採し,新園舎が建てられた.斜面に沿って建てられた7つのボリュームを園庭まで連続するスロープが繋ぐ.園庭側のボリュームは地面から持ち上げてピロティを設けた.メインエントランスに子育て広場を設け,親子ワークショップ,給食体験などを開催.親や地域の人びとに開かれた場所としている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami