『新建築』2015年5月号126頁から掲載されている「静岡県草薙総合運動場体育館」内藤廣建築設計事務所

静岡県静岡市駿河区──静岡県草薙総合運動場リニューアル事業における,現有施設の建て替え.静岡県産の天竜杉集成材を主構造として使用.長さ14.5mのスギ集成材256本を,45〜70°の角度を付けながら楕円状に配置し,大屋根の荷重を支える.集成材の背面には鉄骨ブレースを配し,風や地震などの短期荷重を受け負う.鉄骨トラス上部からのトップライトにより自然光が取り入れられる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami