『新建築』2015年6月号148頁から掲載されている「龍谷大学深草キャンパス 和顔館」飯田善彦建築工房

京都府京都市伏見区──国際学部のキャンパス移転に伴い新設された校舎.講義棟(右)および図書館棟(左)から成る.駅からの動線上にある東門から続く通りが2棟の間を貫く.東西に延びるスラブ(最長部147m)を分散された鉄骨鉄筋コンクリート造コアと鉄骨柱で支えることで,外周部に耐力壁をなくし,学生のアクティビティが外部に表出するオープンな空間をめざした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami