千葉県市川市──千葉商科大学の食堂リニューアルに伴い新設された鉄骨(一部木)造平屋建て.上下2段のLVL格子梁(38×340mm)による1枚屋根を63本の鉄骨柱(φ=141.3mm)が支える.1/fゆらぎのリズムをプログラム化し応用することで,木梁のピッチの疎密として取り入れている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami