静岡県富士宮市──木材により面を構成することで壁や床,屋根とするマッシブホルツ構法の住宅.木をかたまりとして使うことで,強度,断熱性,蓄熱性,調湿性といった木が持つ総合性を活かす.デットストックと見なされた低市場価値材を用いており,全体で一般住宅の約3倍となる約45㎥(一般住宅の3倍)の木材を使用している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami