愛知県名古屋市昭和区──愛知トヨタ自動車の80周年記念事業として建てられた本社ショウルーム.燃エンウッドの木造梁と鉄骨柱の接合部を鉄骨鉄筋コンクリート化し,コンクリートを吸熱剤とすることで,木材との接触部分の温度を木材の発火温度である260°C以下にできるディテールを採用し,十分な耐火安全性を得ている.東面・北面を走る大通りに沿って配置した木造梁が,天井や壁とともに背景となることで色とりどりの車を街へと開く器となることが目指されている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami