『新建築』2016年1月号122頁から掲載されている「BOOK AND BED TOKYO」SUPPOSE DESIGN OFFICE

東京都豊島区──池袋駅西口すぐの商業ビル7階,空フロアを利用して計画された30床の簡易宿所.宿泊者を眠りへと誘うツールとして約1,700冊の本が並べられた本棚の奥にベッド空間が配置されている.躯体にはほぼ手を加えず本棚とベッドが一体となった家具を設置し,水回りを増やすことで宿泊施設へと転用している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami