『新建築』2016年1月号148頁から掲載されている「鋸南町都市交流施設・道の駅 保田小学校」N.A.S.A.設計共同体

千葉県安房郡鋸南町──2014年度で廃校した小学校跡地を都市交流施設として再活用.プロポーザルでarchitectureWORKSHOP,空間研究所,設計組織ADH,NASCAからなるN.A.S.A.設計共同体が採択され,それぞれ縁側・校舎1階公共スペース,浴室,宿泊室・外構,産直市場を担当.また,それぞれが教授を務める日本女子大学,法政大学,早稲田大学の研究室が鋸南町の街づくりを考える任意団体「ようこそ鋸南」に参加,本プロジェクトをはじめとするさまざまな活動に取り組んでいる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami