『新建築』2016年2月号140頁から掲載されている「FORME SETAGAYA」駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所

東京都世田谷区──3戸の賃貸とオーナー住戸からなる木造長屋.「地面」と「空」という外部空間に近い1階と3階に対して,中間階の2階は高さを持たせてロフトを設けることで立体的に空間を構成する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami