ネパール、カトマンズ及びチャリコット──2015年4月と5月にネパールで発生した地震により,ネパール国内で9,000人余りが亡くなり,約50万棟の建物が全壊した.慶應義塾大学SFC「アーバン・ルーラル・リデザイン」プロジェクトでは,カトマンズで坂茂チームによる倒壊煉瓦を再利用した住宅モデル,そして地方のドラカ州チャリコットで小林博人チームによる地域産ベニヤ合板を用いた住宅モデルの2タイプを地元の方と共に建設した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami