『新建築』2016年4月号106頁から掲載されている「黒部市庁舎」山下設計

富山県黒部市三日市──西側から見る.旧黒部市と宇奈月町の合併(2006年)に伴い分散化した行政機能と保健センターを集約するとともに,市民が集う交流スペースを新たに付加.市民の交流スペースが入る交流棟の西側は,まちへの顔となるように計画された.この交流棟は長辺方向をブレース柱構造,短辺方向を1スパン(12,800mm)の純ラーメン構造とした鉄骨造としている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami