『新建築』2016年4月号138頁から掲載されている「下野市庁舎」佐藤総合計画

栃木県下野市──栃木県の河内郡南河内町,下都賀郡石橋町及び同郡国分寺町が合併して2006年にできた下野市の新庁舎計画.交通の利便性,今後の発展の可能性などからJR宇都宮線の「自治医大駅」の西側に建てられることとなった.国道4号線に面した東側に広場を設けている.さらに,1階の西側に執務室,東側に大空間の「市民ロビー」を設けることで,市民が気軽に立ち寄ることができる庁舎を目指した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami