『新建築』2016年5月号168頁から掲載されている「こばと保育園」古賀俊光/Atelier NID+角野辰徳/tatta建築設計事務所

福岡県福岡市南区──こばと保育園は福岡で初めてとなる産休明けの無認可保育園として1973年にスタートし,2003年には認可保育園となった.その後,老朽化や耐震化などが課題となり移転した.遊戯室は15×11mの木組みの空間.対角線上に長さ18m,せい1.2mの大梁を掛け,この梁を基準にふたつの屋根を載せている.燃え代(柱梁ともに45mm)設計により1時間準耐火としている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami