『新建築』2016年6月号156頁から掲載されている「東京経済大学 大倉喜八郎進一層館(改修)・新図書館・5号館」佐藤総合計画

東京都国分寺市──1968年に鬼頭梓氏によって設計された図書館を改修し,ホールを内包した大倉喜八郎進一層館として再生.図書館機能は,キャンパス内に新たに建設された新図書館へ移設した.地域の住民もキャンパス内を訪れるため,キャンパスを回遊できるように森に散策路を整備し,5号館と新図書館を2階の回廊「アクティブパス」で繋いでいる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami