『新建築』2016年6月号190頁から掲載されている「東京大学総合図書館 新館」設計監修 東京大学キャンパス計画室(野城智也・川添善行)・同施設部/設計施工 清水建設

東京都文京区──東京大学総合図書館(1928年竣工,設計:内田祥三)の大規模増築計画.現状収蔵数125万冊の図書館を自動化書庫による約300万冊へと拡張を行うため,地下46mにおよぶ巨大収蔵庫をニューマチックケーソン工法により構築.関東大震災により全焼した図書館,キャンパスの復興のシンボルである噴水広場をはじめとするキャンパス計画としての風景,並びに歴史的建造物である本館の維持保全を行う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami