『新建築』2016年7月号060頁から掲載されている「まちなか交流広場 ステージえんがわ」手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所

新潟県三条市──建物全体が縁側というコンセプトの元,木架構による約40mの奥行の中に,半屋外空間のみんなのステージや食堂,軒先空間など,人びとが集う全天候型の交流広場がつくられた.みんなのステージ(縁側)には壁や扉がなく,境界のない自由な場として設えられている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami