『新建築』2016年7月号114頁から掲載されている「豊島八百万ラボ」施設構想 スプツニ子!/設計 成瀬・猪熊建築設計事務所

香川県小豆郡土庄町──瀬戸内国際芸術祭の一環としてつくられた,先端科学とアートを融合するアーティスト・スプツニ子!のための展示空間.映像作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕―たまきの恋」を展示するほか,映像の主人公のラボや自室を再現.築60年以上経つ古民家の外観を残しながら,内部の木軸を梁せい244mmの鉄骨梁で浮かせることで,広々とした無柱空間を実現した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami