『新建築』2016年8月号062頁から掲載されている「十条の集合住宅」古澤大輔/リライト_D

東京都北区──3.5mグリッドで配置される柱・梁に対して,コンクリートブロックによる外壁を構造フレームによらずに配置することで,内部空間に多様性を持たせている.また,幅員2m以下の路地が巡る敷地周辺のコンテクストを受け継ぎ,街路の延長として通り抜け可能な共用階段を設けている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami