『新建築』2016年8月号180頁から掲載されている「中野薫木荘」浅利幸男/ラブアーキテクチャー

東京都中野区──旗竿地に建つ長屋で全9住戸の木造3階建て.幅員2mのアプローチ動線が弓なりに敷地内を通る.東京都の条例により3階建て以下の長屋しか建てられない敷地条件の中で必要住戸数を確保するため,法的採光や建築ボリュームの最大化などが検討された.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami