『新建築』2016年10月号162頁から掲載されている「アステラス製薬つくば研究センター5・10号館」KAJIMA DESIGN

茨城県つくば市──アステラス製薬は新薬創出力の強化に向けて,加島(大阪府大阪市)とつくばの研究機能を統合.その一部門である創薬研究部門の拠点となる建物.10号館建設にあたって,南側の5号館(2011年竣工)のインテリアも合わせて改修している.湾曲するファサードは2棟で連続させ,ガラス張りとすることで隣接した緑地への眺望を確保している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami