『新建築』2016年11月号138頁から掲載されている「Vin Sante」坂茂建築設計

東京都世田谷区──木造3階建ての住居で,450×170mmの集成材の通し柱が約3.2mピッチで配置され,柱を落とさない4,850mmスパンの門型フレーム.梁と柱の接合部は剛接合で貫が外部に現れる意匠となる.内装の仕上げや家具には紙管を使用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami