『新建築』2016年11月号168頁から掲載されている「埼玉工業大学ものづくり研究センター」松田平田設計

埼玉県深谷市──大学の研究・学習・交流のための研究センター.木造平屋建ての建物は,天井高さ6.5mの大空間を集成材を用いた4つの樹状柱が互いに支え合う.天井は一般流通集成材を組んだ格子梁.展示スペースとその周囲に4つのワークスペースを有する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami