『新建築』2017年2月号090頁から掲載されている「ROROOF」駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所

東京都豊島区──北側に木々が,南側は低層の住宅が位置する旗竿敷地に建つコーポラティブハウス.周辺の景観に合わせて屋根形状を分節し,外壁面は市松模様に開口部と壁面が交互に現れる.大きな開口を持つ居室と閉じた居室が交互に配置され,室内は壁が緩やかに空間を繋げ居場所をつくり出す.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami