『新建築』2017年2月号122頁から掲載されている「S市街区計画」生物建築舎 髙橋一平建築事務所 小野田泰明(スーパーバイザー)

東北地方──地方の中核都市,宅地開発が進むエリアの一角における街区計画.16の区画からなる街区は,各分譲地の境界にカーブした幅員70cm,130cm,210cmの3種類の私道を通すことで有機的に分割している.また,街区中央部には各住戸が少しずつ土地を提供した共有の広場が設けられている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami